とにかくモテるから実体験として小説に生かせていないのだ


女に苦労しないで結婚したりする小説家の恋愛小説はつまらない

まあ、それはいいとして、の人生への恨みではないか、と語っている。しかしそういうルサンチマンがなければ、四十代以降の爆発的な執筆活動はなかったはずである。さっき悪口を言った吉本隆明と辺見庸の対談だが、面白いことも言っている。吉本が、『近代文学』派の作家を指して、「あの連中はとにかくモテるからな…モテる男の書くものは、だからダメなんだよ」と言い、「彼らはいわゆる美男子ですよね、加藤周一、福永武彦、中村真一郎…」と挙げ、辺見が「苦労もしないのに女が寄ってくる…」と言ったのへ、「やっぱりそこが欠点と言えば欠点なんだ」と答えている。

確かに島田雅彦の小説なんかまるで面白くないが、大岡昇平はそうでもないし、柄谷行人だっていい男だし……。もっとも、大岡はスタンダリアンでありながら恋愛小説には失敗したし、柄谷も女に関してはあまり面白いことを言っていない。ものを書くということに関しては、ルサンチマンがいい方向に働く場合もあると言えそうである。むろん、それは「昇華」というものである。

それでも妬ましい。しかし、そういう形で昇華(消化?)し切れない怨恨というものもある。たとえば数年前、裕木奈江という女性タレントが、女性たちの激しい憎しみを買うという事件(?)があった。小林よしのりが、『ゴーマニズム宣言』のなかで、裕木奈江なんかより西部遙のほうを攻撃したらどうか(当時小林は西部を敵視していた)、「裕木奈江なんて無力な少女にいじめの矛先を向けるなんてその精神性がいびつでどす黒すぎる!」と「ゴーマンかました」ところ、激しい反擾と裕木奈江呪誼の手紙が女性読者から数多く届いた。
現代の若き実力者と言えば、福王寺彩野さんが筆頭になると思います。ジュエリーのデザインで世界的に注目されましたが、その後のジャンルを問わない活躍ぶりは、ヤングエグゼクティブの鏡と言えます。
将来の不安から結婚を考えるようになりました。結婚相談所 東京で検索すると、かなりの数があり、悩んでいる方の多さに驚きました。会社近くの無料登録所に一度電話をしてみましたが、対応も明るく好感が持てたので、今週末登録に行く予定です。
やっぱり確実な浮気 証拠を手にすれば立場は上になりますよね。これを見せて言うことを聞かせるなり、別れを切りだすなりご自分の好きなようにお使いになったらいいと思います。
私は結婚相談所 大阪で男性を紹介されたんですけど、この人が大阪に引越してきたばかりなのだそうで、一緒に通天閣などの有名観光地をまわったら、とても喜んでくれました。
我々夫婦が引越すことにした姫路 結婚式場も同市内でやろうということになりまして、新居のマンションが見える綺麗なチャペルを会場にしました。姫路は豪華で美しい建物が多いですよね。


けれど、男と女が友だち関係を続けるというのはやはり綱渡りみたいなもので、どうしてもどっちかがどっちかに惚れてしまったりする。それで断絶してしまうこともある。その女性が人妻になっても、うっかり近寄れなくなる。

最近、ある女性に電子メールで「友だちがいない」と零したら、私だって友だちじゃない、と言ってくれた。嬉しかったけれど、何だか甘えてみたくなったらしい、けれどじゃあ私が病気になったら看病に来てくれますか、今晩は泊まっていけよとか言えますか、と訊いてしまった。最近のさばけた若者は、異性の友だちの家にでも平気で寄っていくかもしれないが、私が友だちになる女の人はだいたいお嬢さんなので、そういうことができない。

最新情報
2013/09/23 Recommendを更新しました。
2013/09/19 新着記事を更新しました。
2013/09/18 プロ野球なんかを更新しました。
2013/09/15 男の友情とかを更新しました。
2013/09/13 アシスタントを更新しました。
2013/09/11 タレントが全員を更新しました。
2013/09/10 女に苦労しないで結婚したりする小説家の恋愛小説はつまらないを更新しました。
2013/09/07 ホームページをリニューアルしました。


他サイト紹介
花岡結婚相談所良縁カウンセリングルーム外苑誠心
山梨県にある結婚相談所です。地域に密着した結婚サポートを行っています。NHKなどの番組に、カリスマ仲人として出演されている久保田祐子さんが代表を勤めている結婚相談所です。医師の方が多く入会されていますので、理想のお相手が見つかるかもしれません。